5分前行動について

「5分前行動」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?

社会人となったら、遅刻は許されません。
新人教育にも必ず取り上げられるので、その際に聞いたことがある人も多いと思います。

遅刻した場合、同僚や友人に迷惑を掛けたり、先輩や上司の信頼を失ったり、お客様との約束の時間に遅れたら最悪は契約が白紙に戻ることさえ有り得ます。

自分自身や身の回りの人にとっては仕方ない遅刻であっても、相手にとっては関係無いこと、遅刻にはどんな言い訳も通用しません。

こういうお話をすると、「では、約束の時間の5分前に到着する様に行動すれば良いんですね」という方がいます。
しかし、この5分前とは、あくまで一般的な目安であり、全ての人に当てはまるとは言えません。

5分前に準備を始めたのに、会社に到着したらいつもと同じ時間だったということは多々あります。
それは、家から会社まで出勤の過程に様々な予測できない事象があります。
家を出たら大家さんに呼び止められ数分間会話した、踏み切りで待たされた、Suicaの残高が不足していた、混雑で目的の電車に乗れなかったなど、この様に、出勤の過程であらゆる事象が考えられます。

ですから、出勤過程においては、あらゆる遅刻の原因を想定して、それに対する保険をどうするかを検討します。
その保険を積み上げて、○○分前行動を実践して、後は少しずつ調整するこで、その人にとってのベストな事前行動が見えてきます。

「Time is money.」
時間はお金に替えることが出来ます。
しかし、お金で時間は買えません。
そして、遅刻はお金だけでなく、信頼も失うことになります。
より良い人生を送るためにも、○○分前行動をお勧めします。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';