すれ違う時にはどちらに避けますか?

街中で、人とぶつかりそうになりお互いに避けるんだけど、何故か同じ方向によけてしまいすれ違えない、誰もが経験したことのあることだと思います。

でも、皆さんはどちらに避けるのが普通だと思いますか?
例えば、学校の廊下は右側を歩くように教えられます。さらに歩行者は一般的には右側を歩くように勧められますよね。
でも、駅やその通路等は左側通行が一般的ですよね。あちこちに左側を歩くように促す矢印や目印がついてます。

社会人になり、それ以前にも通学などで電車で通学、通勤をすると普通に歩道を歩いていても左側に避ける、もしくは左側を歩くということが自然に習慣になっていると思います。そういう私もそうだからです。
でも、小学生や中学生、さらに電車を一般に使わない方たちは右側を歩くことが習慣になっているので、歩道でも右側を歩くことが多く見られると思います。きちんとルールを守っているということがわかります。

これは、本来どちらが正しいんでしょうか。
右側を歩くことを最初に教えられているのに、年齢を重ね行動範囲が広くなると、今度は逆の左側通行を習慣付けられるんです。
戸惑いますよね。とっさに出るのはもちろんいつもと同じ習慣です。
だからついすれ違う時に同じ方向によけてしまいすれ違えない、これって仕方のないことなんでしょうか。

例えば、学校と同じように駅も右側通行をする、ことにしたら、少しはこういうことは減るのでしょうか。
一度こういう右側通行を全体に広めてから、すれ違う実験というのを体験してみたいものです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';