険しい山を登るために必要なことは何か

「険しい山を登るためには、最初ゆっくりと歩くことが必要である」と、シェークスピアの言葉にあります。

険しい山に登るときには、苦しさに耐えて頑張らなければ成功しません。頂上に着くまでには、数々の困難があり、突然の危機にも出会うことでしょう。
登頂できるのは、たくさんの苦しさに耐えることができた者だけで、体力があるから、大丈夫だからと登頂を急いだ者は、体力を使い果たしてしまうでしょう。

大きな問題を解決しようと思うときには、チャンスが巡ってくるまで、じっと機会をうかがう慎重さが求められます。
風向きをチェックして、良き風が吹くときには、すぐにそのチャンスを逃さないようにしましょう。

遅れを取り戻そうとあせっては失敗します。時には回り路かもしれないアタックの仕方も重要です。
危ないと思われる時には、引き返す勇気も必要です。新しく安全な道を探して、出直すこともあるでしょう。

何の障害もなく頂上まで登ったものよりも、さんざん回り路をし、天候に恵まれずむなしく待つだけの日を費やした者のほうが、それだけ経験豊かに、鍛えられていると思われます。

いつかきっと役に立つ何かが、身に着いたことでしょう。
一つのことを成し遂げるには、あくまでも性急にならずに、じっくりとチャレンジすることが、結局は早道であることになります。

焦らずじっくりと考えを詰めて、物事に当たっていきましょう。
しっかりとした足場を固めてからのチャレンジが、成功を招くのです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';