二匹のネズミ

「二匹のネズミがクリームの入ったバケツに落ちてしまいました。1匹はあっさりと諦めて溺れてしまいました。
でももう1匹のねずみは必死にもがいて、ついにはクリームがバターになり、バケツから這い出ることができました。」

これは映画「キャッチミーイフユーキャン」で主人公の父親がスピーチで話した事です。

このスピーチはは人生そのものを、ネズミとクリームで比喩したものだと思っています。
ネズミは人間、クリームは取り巻く環境・あるいは社会そのものと言ってもいいでしょう。

どんな環境であっても、文字通り死ぬ気でやれば環境を変えることができる。
というメッセージが隠れているのだと思います。

もちろん、後者のネズミは、もがいていればクリームがバターになるとは思ってもみなかったはずです。
しかし、なんとかこの危機的状況から脱したいという、必死の思いがネズミを助けたのでしょう。

私たち人間は、きっとこのネズミがした事よりも大きなことができると思います。
私たちには知恵があります。
あとはネズミのような諦めない心次第です。

仕事の上でも、無理かも知れない、難しいと感じる出来事はあると思います。
しかし、クリームがバターになったように、環境は自分の努力次第で変えられるかもしれない。
必死にもがいていたら、仲間が知恵を貸してくれるかも知れない。
後者のネズミのように、難題から抜け出せるかもしれない。
そう思えるようになりました。

バケツに落ちた二匹のネズミ。
あなたはどちらのネズミになりたいですか?

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';