2-6-2の法則

ビジネスの中でよく使われる2-6-2の法則。組織は上位2割と中間層6割下位の2割で構成されており、どのような人員構成をしても必ずこの後世になるように終息していきます。

たとえば、よくエサを集めている働きアリですが実際には2割のアリは何もせずにフラフラと歩いているだけで何もしていないと言われています。
この2割の働きアリを排除したらみんな働き出すのかと思いきや、働いていた中の2割が働かなくなりフラフラとし出すそうです。

企業としてよく働く上位2割の力を入れていくのか、働かない下位2割に力を入れていくのかで方向性が見えてきたりします。
今この中でも、真剣に聞いてくれている人が2割、そこそこ聞いてくれている人が6割、まだ話すネタが決まっていなくてどうしようか考えている人が2割だと思います。

とまあここまではよくビジネスの中でも良く聞く話です。

ここ最近の研究でわかった事らしいのですが、働きアリの世界に関してこの下位2割のアリたちは決してさぼっているわけではないことがわかったそうです。

働きアリの仕事には休むことのできない仕事があります。女王が産んだ卵を舐め続けると言う仕事があるそうなのです、
これは卵を乾燥で死滅させない為のものなのですが継続した仕事は組織全体がそれに向かって全力で行うことができないそうです、
他のものが働いている間に継続して仕事を行うために休んでいるそうなのです。

この事から休むことも仕事の一つで重要なことだと言うことがわかったそうです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';