学問のすすめ冒頭の有名な名言

とても有名な名言で
慶應義塾の創設者である福澤諭吉の著書『学問のすゝめ』の冒頭箇所
の一説です。

この言葉なのですがみなさんが知っている意味として
「人はみんな平等である」
という意味でとらえている人も多いと思います。

実はこの意味は間違っていて正しい意味は生まれた時はみな平等だが人生のなかで様々な格差が生まれてしまうことに対し疑問を呈しそれに対し出された答えがその意味となっています。

その答えは
その格差などの違いは学ぶか学ばないかによって生まれるという意味なんだそうです。
学問のすすめの本に適した名言だということが分かります。

僕自身の意見ではあるのですが学ぶということは勉強だけにとどまらず人間関係の中での思いやりや仕事の中での効率化など日々生きていく中で快く過ごすための努力のようなものもその一つだと思っています。

僕自身何かを理由をつけてそれらの学ぶことや現状に満足してしまうことがあるので日々の生活の中でも学び成長している姿勢を忘れずに職場のみなさんとともに学びをすすめ広めていきたいと思っています。」

学ぶという言葉を辞書を引いてみると
一つ目・二つ目には教えてもらうこと、学問をすることとあり3つ目には経験してよく知るという意味も込められていることを知ることができ僕自身の考えも間違いではなかったのかと新しい学びに繋がりました。

これらかもこのような些細なことでもすこしの手間で知識を得てなにかのきっかけづくりにしていけばと思っております。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';