優勝する意味。

みなさんは、なにかをやっていて大会やコンテストにでたことはありませんか?

私も、小さいころから卓球を続けていて中学まで卓球をやっていました。卓球では、たくさんの大会で自分ではよい結果を残してきたと思っていましたが、、
ある日、県の大会で優勝しました。そのときは、コーチからたくさんほめていただきました。自分でももちろんうれしかったです。

その次の大会としてブロック大会がありました。東京でいえば関東大会。大阪でいえば近畿大会というものです。わかると思いますが、県大会に比べて、出場できる選手は県大会を勝ち抜いた選手のみでレベルが相当上がります。
そこで私は、準優勝という成績をおさめました。普通に考えると全国大会に出場できる切符をつかんだブロック大会準優勝のほうが県大会優勝より、すごいと思われるはずです。

しかし、コーチは県大会優勝の時のようにほめてはくれませんでした。後でなんでほめてくれなかったのかを聞いてみると、
優勝しないと意味がない。お前は、日本で一番高い山を知ってるか?と聞かれました。僕は、「富士山」と答えました。
コーチは、そうだな小学生でもわかるなといい、じゃあ日本で2番目に高い山は?と聞かれました。

ぼくは、わかりませんでした。
すると、コーチはそうなんだよ。いま、お前は2番目に高い山なんだよ、みんな一番高い山は覚えてくれるけど2番目はだれも覚えてくれないんだよ。俺だってしらん(笑)と答えられました。

これを聞いて、次の大会からは絶対に優勝してやる。優勝以外は、みんな同じなんだと思うようになりました。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';