愛の反対は憎しみではなく無関心

「愛」の反対は何だと思いますか?

マザー・テレサの言葉で、「愛の反対は憎しみではなく無関心です。」という言葉があります。
他の人から関心を持たれない事が、一番辛いことなのです。

皆さんは、普段周りの人のことをどれだけ気にかけていますか?体調が悪そうな人、疲れていそう人、うれしそうな人など、少し注意を向けてみれば、周りの人の僅かな変化にも気づくはずです。
しかし、日々の忙しさから、そんな小さな努力さえも行なえなくなってきているのが現実です。

ましてや、基本である挨拶でさえ、あやふやです。気づけば、会話は業務的なものばかりになり、会話でさえもメールで済ませるようになってきています。同じ会社で働いている仲間にも関わらず、どういう性格の人なのか。どういうことに興味のある人なのか。ということも分からない関係です。

このままのコミュニケーションでいいのだろうか。と、最近思うようになってきました。「愛」のない職場で、仕事が順調に運ぶのだろうか、とも思うのです。些細な気遣いの言葉で、一日を幸せな気持ちで過ごすことができます。朝に元気よく挨拶を交わすだけで、一日を爽やかに明るく過ごすことができます。そして、そういう小さな積み重ねが、良好な人間関係を作り、良い仕事の成果へと繋がっていくと思うのです。

ですから、まず私自らが行なっていこうと思います。初めは小さな輪からのスタートかもしれませんが、いずれ大きな輪となり、会社全体に影響を良い与えていければと考えています。

早速ですが、「今日も一日!よろしくお願い致します!!」

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';