あなたのこれまでの人生は幸せでしたか?

先日、松下電器の創業者である松下幸之助さんについての書籍を読みました。
その書籍の中でとても奥深いストーリーがありました。

松下幸之助さんは会社に人を採用する際、最終面接の一番最後に必ずある質問をしていたそうです。
その内容というのが、「あなたのこれまでの人生は幸せでしたか」という質問で、そしてその質問に対して「はい」と答えた人を採用としたとのことです。

自分の人生が幸せだったと答えた応募者は全員、「親のおかげで大学に行けて自分の学びたかったことを学べた」とか、「辛いことがあったが、沢山の友人に支えられて乗り越えることができた」など、何かしら周囲の人間に感謝していることがあって、そのおかげで自分は幸せだと述べていました。
松下幸之助さんは、応募者が周囲の人間に対して感謝の気持ちをもっているかという人間性を確かめるために「幸せだったか」という質問をしていたのです。

私はこの話を読んでとても納得しました。
確かに常に不満を漏らしているような人は何事においても「○○のせいで」と自分以外の何か、もしくは誰かのせいにしてしまっている節があると思います。
ですが、周りから慕われていたりいつも前向きな人は「○○のおかげで」と、他人や周りの環境に感謝する言葉を使っているように思います。

仕事をしているとどうしてもうまくいかなかったり落ち込んでしまうようなことはありますが、それでも今の自分があるのは色んな人に支えられてのことなんだということを忘れず精進し、今後も周囲に感謝の気持ちをもって自分の幸せ指数も上げていきたいと思いました。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';