お花見は桜の木の下で

4月は、春が訪れ一斉に花が咲き乱れる季節です。

日本の国花のひとつ、桜。4月に開花する代表的な花だといえます。卒業式や入学式などの節目に咲くことから、日本人には特に思い入れが深い花です。懐かしい思い出とともに桜の咲く光景が目に浮かぶのです。

桜は、バラ科スモモ属サクラ亜属の落葉広葉樹として分類され、春になるとその名の通りサクラ色の花を咲かせます。
国内のほとんどの桜がソメイヨシノ(染井吉野)で、気象台の開花宣言の基準にされる木もソメイヨシノです。公園や河川敷、学校にもよく植えられ、全国的に有名なお花見の名所も、ほとんどがソメイヨシノの木になります。

美しい桜の木の元に、人々が集まって楽しくお酒を飲んだり、お料理をつまんだり。老若男女、日本人ほどお花見が好きな国民はいないのではないでしょうか?
よく見かける光景は、会社の新入社員が、職場で開催するお花見の為に早くからブルーシートで場所取りをする(させられる?)姿ですが、これも毎年恒例のお花見に関する風物詩といえるでしょう。

日中は、お天気さえよければ暖かいのですが、夜桜鑑賞となると、九州南部は別ですが、ほとんどの地域ではかなり気温も下がってコートや毛布が必須です。但し、みんなでお酒を飲み始めると寒さも忘れるのでしょうか。

1人でお花見をする贅沢もあります。いつもの散歩道の途中に桜の木があれば最高です。ふと足をとめて見上げれば、圧倒的な美しさを誇る桜の花が微笑んでいるのですから。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';