新入社員の時期

4月といえば新入社員の時期です。取引先などに電話をすると新入社員が元気いっぱいで応対してくれます。昨年の新入社員は先輩感覚で余裕が出てきます。新入社員は電話でのやり取りで成長が確認できます。手際よくなり、営業面でも言葉上手になってきます。新入社員を育てるのは普通は会社内の教育などです。しかし考えてみると取引相手の人も新入社員を育てています。相手の人に教わったりなどしてそれを吸収し日々成長してゆきます。

取引相手に成長させてもらうというのは、誠実さや前向きさなどからくる信頼関係があってこそアドバイスしてくれることが多いのです。
自分の置き換えるとどうかと考えてみました。取引相手の人にきちんとした対応が今できているか、相手の話を親身に聞いているかなど検証してみました。新入社員ではない自分も日々成長しなくてはなりません。その時、今の自分が相手にとってその対象になっているのか疑問です。

会社に入り必至で覚えようとした時代から、年月がたち、今の仕事や今の内容に満足して成長することを忘れているかもしれません。
メディアなどに出る有名な社長さんの中には「今でも勉強の毎日で、周りの人から教えられることが多い」と言う方もおられます。
年齢を重ねても何事にも疑問を持ち続け、わからないことは人に聞く、調べるなどの勉学心が必要であると考えました。
新入社員の行動を見て自分を見つめ直し、会社内や取引先の人たちに成長させてくれるよう初心に帰って取り組みたいと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';