5月24日は「伊達巻の日」 伊達政宗の名言に学ぶ仕事の極意

5月24日は、「伊達巻の日」だそうです。

おせち料理に欠かせない伊達巻ですが、その名前の語源には諸説あります。「戦国武将、伊達政宗の好物だった」「女性の着物の帯の伊達巻に似ているから」「おしゃれで豪華なことを『伊達』と表現するため、特別感のある豪華な卵焼きをそう呼んだ」などですが、いずれも、伊達政宗に由来していることに違いがありません。

どの説でも、つまりは伊達政宗にちなんでつけられたために、政宗の命日である5月24日を「伊達巻の日」としたのです。

戦国武将の中でも特に人気のある伊達政宗ですが、われわれの仕事に生かせるような名言を残していますので、紹介しましょう。
「若者は勇猛に頼り、壮年は相手の強弱を測って戦う」。
これはつまり、「若いうちは自分の力と勇気だけを強みとして戦うが、年功を重ねると、相手に合わせて戦うようになる」という意味と考えていいでしょう。

この言葉は、そのままわれわれの営業の仕事にも通じるのではないでしょうか。若い人は、その仕事への熱意と体力、気持ちの強さや積極性だけで仕事をし、それなりの成果を上げることができます。

しかし、ある程度の経験を積んでいくうちに、相手に合わせた仕事の仕方ができるようになるわけです。相手に応じて、仕事の仕方や対応の仕方をすることができるのが、壮年と呼ばれる、経験を積んだ年代の人間の強みと言うことができるでしょう。

もし、「勇猛に頼る」若い人が、「相手の強弱を測って戦う」ことができれば、これがベストの働き方ということになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';