人員を管理する事の重要性

仕事を始めたばかりの頃は、新人であり、学ぶ事ばかりで時間に追われる生活を送ると思います。

しかし、年数が経過するに従って、後輩が出来て、役職が上がってとなっていきます。

立場が上がってくると行わなければならないのが、マネジメントです。

部下や後輩を管理して的確に動かしていく役割ですが、このような能力を身につけると全体の作業効率がアップします。

1人の人間が直接管理出来るのは5人程度だと思います。

その5人をどの様に使いこなしていくかがポイントです。

多くの人は、管理をされないと手を抜きます。

1人の力が100あるとすれば、管理をしないで自由に働かせた場合、60から70の力しか出さないで仕事をすると思います。

これを的確なマネジメントを行い、自分の配下の力を100に近い割合で引き出す事が出来れば、1人あたり30の力が余分に使える様になります。

5人のマネジメントを的確に行えば、30×5で150の力を余分に引き出した事になり、自分の労働力分である100を差し引いたとしても、まだ作業効率が良いと言えます。

ですから、この管理、マネジメントという仕事は非常に大切であります。

さらに上級職となり、管理やマネジメントを行う人材を作りあげる事が出来れば、ネズミ算方式でさらに末端スタッフの能力を引き出す事ができます。

この様なシステムや組織体制を作り上げる為には、教育が必要です。

教育は、すぐに効果が上がる事は少ないですので、根気よく教育を続けていく必要があります。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';