会社の窓口

何の仕事でも、どんな会社でも共通であると思いますが、様々な取引相手と連絡調整をしながら営利活動を行っています。

その時に気をつけなければならないのは、相手先の窓口は誰が担当をしているかです。

以前、こんな人がいました。

その人は、すごく優しく、相手から何かを頼まれると断れない性格をしていました。

お取引先で業務を行っていると、お取引先の方から、「◯◯をやってくれないか」と頼まれたそうです。

この人は、何も考えずに了承をしました。

この頼まれた内容は、お金を貰わないと合わない案件なのですが、個人的に了承をしたので、個人で対応をしなければならなくなりました。

そして、後に個人プレーをしていた事が会社にバレて、厳重注意を受けたとの事です。

こんな時に注意をしなければならない事は、取引相手から何かを頼まれたり、クレームを入れられて自己で対応するのが難しいなと判断した場合は、上司に速報をした上で、その上司から回答を行うべきです。

このような事に気を配っていれば、個人で対応する必要もないですし、個人プレーをしていると指摘される事はありません。

全てを自分で対応をしようと考えていると、自分の能力を超えて対応仕切れなくなる場合が多いと思います。

そうならない為にも、上司を上手く利用して、対応の窓口を上司に変えることも時には大切です。

後から揉めるのは本当にエネルギーを使います。

何でも自分で背追い込まずに、会社に組織として対応する癖をつけたら良いと感じます。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';