ほうれん草

仕事をする中で、大事な事があります。

それは、「ほうれん草」です。

この、「ほうれん草」は、仕事の基本として聞いた事がある人は多々いると思います。

適正な報告、適正な連絡、適正な相談を「ほうれん草」と言うのでありますが、これはどの様な事なのでしょうか。

一般的に、「報告」は上司に対して行うものです。

部下に対して、「◯◯の件を報告致します」と言っていたら変ですよね。

多くの人が集まる場合は、報告会などとネーミングをする場合がありますが、これは先輩や上司も含まれる場合があるので、その様な表現になっているのだと思います。

次に連絡です。

連絡は、一般的に同僚や後輩、部下に対して行うものだと思います。

これは、意見が分かれるところだと思いますが、私は、上司に対するものは報告であり、自分と同等、若しくはそれより下の者に対する事が連絡だと定義しています。

上司には、「◯◯の連絡です。」と言うよりは「◯◯の報告です。」と言った方がしっくりくる様な気がします。

そして最後に「相談」です。

これは、上司にも部下にも使える言葉ですが、私は主に上司に対して使用します。

その理由は、部下に対して、常日頃から「相談したいのだが。。」と言っていたらどうでしょうか。

私は部下に対しては、「◯◯について意見を上げて下さい。」という指示で、部下の気持ちを吸い上げて仕事の調整をしています。

ほうれん草や、指示、命令を上手く使いこなしてこそ、良き仕事が出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';