率先垂範の励行

入社して数年が経過しますと、後輩や部下が出来る人が多いのではないでしょうか。

はじめて出来た後輩や部下を指導する立場となった時に、その指導方法がわからずに困惑してしまう事があると思います。

そして、様々な指導書を読んだり、背伸びをしたりして、失敗した経験はないでしょうか。

後輩や部下の指導で悩む事はありません。

率先垂範を励行すれば、自然と自分も後輩や部下も成長をする事が出来ます。

率先垂範とは、何かと言えば、自ら進んでリーダーシップを取って行うという意味です。

自分で積極的に仕事を行いながら模範を示すと言い換えても良いかもしれません。

今までに、自分が行なってきた事を部下や後輩の前で行い模範を示す事ですから、そんなにハードルの高い事ではありません。

そして、自分が行なった事を部下や後輩に真似をさせる事から始めましょう。

部下や後輩が分からなくて困っている事があれば、アドバイスをして励ましてあげましょう。

そんなスタンスで部下や後輩の指導を行えば、そんなに難しい事を考えなくても良いのではないでしょうか。

指導と名が付いただけで、アレルギーを起こす人が多々おります。

しかし、部下や後輩は生徒ではありません。

職場の同僚であり、仲間です。

このようなスタンスで、部下や後輩の指導を行えば、大きな失敗をする事もなく、親近感を持ちつつ、自信を持って指導に当たれるのではないかと思います。

指導方法で悩んでいる人は、ぜひ率先垂範をイメージして指導してみて下さい。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';