経費精算で注意が必要なこと

仕事をする上で、必ず必要となってくるのが経費の精算です。

特に中小企業であれば、経費に関する経理担当者がいなくて、経費関係の取りまとめを自分で行うなどしなければならないのではないでしょうか。

経費関係で気をつけなければならない事項は多々あるのは、言うまでもありませんが、現場サイドで気をつけてあげなければならない事も少なくありません。

今回、お話しをさせて頂くのは、経費の二重計上ですを

現代社会において、電子マネーは必要不可欠です。

スイカやPASMO、携帯の電子マネーなど様々ですが、やはり需要が多いのはスイカやPASMOではなかろうかと思います。

スイカやPASMOは、カードにお金をチャージする時に領収証を発行する事ができます。

スイカやPASMOの特徴として、交通機関でのみ支払いが出来るという制限は無く、多くのシーンにおいての会計でスイカやPASMOが使用出来ます。

タクシーに乗った時にPASMOで支払い領収証を貰う、お客様と喫茶店でコーヒーを飲んだ時にスイカで払い領収証を貰う、そして領収証を財布の中に入れておき、経費の精算時に経理担当者にその領収証をまとめて提出する、こんな感じの時はないでしょうか。

スイカやPASMOにお金をチャージした時の領収証、電子マネーで払った時の領収証が混在していると、経費の二重計上となってしまうおそれがありますし、二重計上をして会社の経費を詐取しようとしたのではないかと疑われる可能性すらあります。

もちろん会社側も、二重計上を行い続けていて、税務調査が入った場合は、追徴課税を取られる様な事にもなりかねませんから注意が必要です。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';