時は金なりについて

「時は金なり」ということわざは時間は貴重なもので、お金と同じように大切なものだから、決して無駄にしてはいけないという、いわば戒めのようなことわざです。

時間は有効に使わなくてはいけないということですね。

このことわざはどんな仕事によっても大切になってくると思います。

一日に仕事に費やせる時間はある程度限られています。
同じ仕事を「まだ締め切りまで時間があるから」と先延ばしにして時間をかけてやるのと、「この時間までにやってしまおう」と自分の中での締め切りを決めてやるのとでは効率がかなり違ってきます。

中にはしなくても良かった残業を減らすこともできるかもしれません。

これは本人にとっても会社にとってもメリットがあります。
仕事をダラダラとすることなくテキパキとやることで、残業時間を減らしたり、残った時間を他の仕事に費やすことができます。

会社にとっても残業代を減らせたり、業務効率が良くなる分、人件費削減にも繋がるでしょう。

双方にとって大きなメリットがあると言えると思います。

仕事を先延ばしにすることは簡単ですし、ダラダラと仕事をすることも楽かもしれません。
しかし仕事をテキパキとすることでダラダラとしていた時よりも大きなメリットを手に入れられるかもしれません。

そのため、仕事を締め切りよりも早く着実に終えることを目標とし、一分一秒無駄にすることなく仕事に集中して頑張りたいと思います。
目標は高く、頑張りたいです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';