風通しの良い職場環境

新聞やニュースで賑わせているような、会社での不祥事はなぜ起こるのでしょうか。

この原因のひとつには、職場の風通しの悪さがあるのでないかと思います。

何か悪い事が起こるときには兆しがあります。

兆しは前兆とも言われますが、これを会社の組織としていかに早い段階でキャッチをして、その兆しに組織として対応していくかが不祥事案防止の鍵となるのではと考えます。

例えば、酔って喧嘩をするような事例があります。

これは、会社として全く把握できない事なのでしょうか。

会社の飲み会などを通じて、酒癖の悪さは把握をする事が出来るはずです。

しかし、このような事が把握出来たとしても、対策を打つのに適切な人間に対して、これらの情報が上がってこないと何の意味もありません。

そのために定期的に社内の意見交換会を開いたら、社内の噂などが真実か否かを調査して、事前に不祥事案の防止に努めなければならないと思います。

そのためには、何でも相談の出来る風通しの良い職場環境が必要となります。

何も言えないような職場環境であれば、様々な事案の前兆があったとしても、見て見ぬ振りをして、関係ないという行動をとってしまうと思います。

風通しの良い職場環境は、気軽な挨拶から始めてはいかがでしょうか。

同じ職場の者同士ですので、挨拶をすることで、会話にもつながると思いますし、上下間のコミュニケーションの端緒ともなります。

社員全員が滑らかなコミュニケーションを取れるように心掛ければ、不祥事案の兆しがあった場合、みんなで対処をして事前に防げる事も多いのではないかと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';