帰属意識の醸成

最近、会社側と労働者側の対立が多く社会問題となっています。

賃金の未払い問題や社会保険の未払い問題など会社側が遵守していかなければならない大きな問題から、些細な会話を労働者側が過敏に捉えすぎてパワハラやセクハラ問題に発展することなど、会社側と労働者には様々な問題が発生します。

このような問題は、今や大企業ばかりではなく、中小企業にも見られるようで、社会全体の今後の課題とも言えるでしょう。

このような会社側と労働者側の問題が頻発するのか考えてみますと労働者側の帰属意識が低いという原因があるのではないかと思います。

帰属意識とは、簡単に言えば「組織の一員であるという意識」のことですが、その意識が低いことから、労働者側は利己的な考えになっていくのではないかと思います。

もちろん、会社側は法的な規則を遵守して運営しなければなりませんし、労働者側の帰属意識を醸成する施策を考えていかなければなりません。

また、各労働者に対して帰属意識が浸透すれば先輩から後輩へとその伝統は受け継がれていきます。

些細な問題の全てを会社側と対立して戦うような土壌を作るのか、従業員全体が帰属意識をもって様々な問題を会社全体の問題として捉えて全員で解決を図るような土壌を作るかで会社の未来は異なってくるのではないでしょうか。

会社は、人生の時間の中で、非常に長い時間を過ごしていく空間でもあります。

各人が利己的な部分のみ主張するような組織よりも、各人の帰属意識が高く、温かみのある組織体を作り上げていった方がより快適で作業効率の良い空間となるのではないなと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';