駐車監視員の運用について

違法駐車の取締り方法が変わってから、随分期間が経ちました。

昔は、都市部の道路では両脇に駐車車両が並び、通行の邪魔となってイライラした経験がありますが、最近は、そんなに気になる程の放置駐車車両はありません。

これは、駐車監視員を導入したり、短時間でも駐車の取締が出来るようになった成果であると思います。

しかし、その一方で、駐車の取締りに温かみがなくなってきたように感じるのも確かです。

タクシーの運転手から、こんな話を聞きました。

仕事中、腹痛に襲われ、道路の脇に車を停車させてコンビニでトイレをして出て来ると、車には駐車違反のステッカーが貼ってありました。

運転手さんは、寂しい気持ちになりましたが、ルールはルールなので仕方がないと割り切りました。

しかし、しばらく運転をしていると、また腹痛に襲われたので、やはりコンビニに立ち寄る事にしたそうです。

そして不運にも、またもやタクシーには駐車違反のステッカーが貼り付けられていたと言います。

最近、交通マナーの向上で駐車違反が少なくなり、取締る相手がいなくなったからなのか、少し強引な取締りが目立ちます。

法律で言えば、たしかにコンビニの前の路上に車を停める事は駐車違反なのでしょうけど、非常に冷酷で温かみのカケラもないと感じてしまいます。

治安維持には、一般人の協力が必要不可欠です。

しかし、このような取締りを繰り返していたら、官民が一体となった活動は出来ないのではないかと感じます。

そして、ここまで強引な血の涙も無い取締を国民は望んでいないと思います。

会社においても、規則だけを守らせるような体制ではなく、臨機応変な対応があれば社員が一致団結するのではないかと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';