マーケティングリーダーを目指す

私が仕事をする上で、いつも考えている事があります。

それは、自分が担当している部門の仕事が業界でマーケティングリーダーとなるように育てていく事です。

マーケティングリーダーとは、その分野の多くのシェアをもち、その分野での基準値を作るくらいの影響力を持つ立場です。

マーケティングリーダーは、誰しもがなれる訳ではありません。

現在、各種分野は既存のマーケティングリーダーが存在をしており、なかなか食い込めない現状もあります。

また、新分野となれば、社会情勢などに大きく左右をされてしまい、なかなか安定した収益も見込めない事もあります。

いずれにしても、簡単にマーケティングリーダーの座を仕留める事は出来ない訳ではありますが、仕事をやるからには、少なくともマーケティングリーダーを目指して頑張りたいという意気込みがあります。

どのような事の積み重ねでマーケティングリーダーになれるのかと言いますと、時代のニーズに合わせたお客様対応を行い、その分野におけるシェアを拡大する事を地道に繰り返していかなければならないと思います。

そして、お客様から受けたクレームやご意見に対しては素直に受け止めて、速やかに改善をする事が重要です。

どんな企業であっても、商品であってもクレームも意見も何もないとはあり得ません。

お客さまの視点から見て感じた事を、素直に商品やプランに反映していくことがマーケティングリーダーとしての第一歩ではないかと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';