リスクマネジメント

仕事をする上で、リスクマネジメントを考えなければなりません。

リスクとは、何をするにもついて回るもので、これを恐れていたら仕事にはなりません。

しかしながら、このリスクを無視して、ガンガン前に進んでいっても仕事に問題などが発生をしてしまい、マイナスとなってしまう事もあります。

これらのバランスを取って仕事を進めるのが、リスクマネジメントではないでしょうか。

リスクマネジメントの重要な部分は、リスクの重さと発生の頻度を考える事にあります。

リスクが発生しても、ほとんど損害のないものや、ほとんど影響のないものはリスクマネジメントでは無視しても良い部類のリスクとなります。

また、発生の頻度が著しく低いものも無視をして良いと思います。

1000年に一度あるかないか分からないリスクを一つづつ完璧に対策を取っていたら、それだけでやる事が一杯になってしまい、本来業務が出来なくなってしまいます。

発生の頻度が著しく低いものでも、生死に関わる事や会社の存続に関わる様なものは、もちろん対策を取るべきだと思います。

これらの事を意識して、仕事をしていけば、攻めも守りも強い組織として成長していくのではないかと思います。

リスクマネジメントは、会社だけが行うものではないと思います。

社員一人一人が意識して、行なっていく事が、結果として会社全体でリスクマネジメントをしている事につながっていくと思います。

平素から、この仕事には、どの様なリスクがあるのかをイメージしながら、仕事をしていければと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';